辱(にく)断罪のネタバレ&感想〜上巻10話〜無料で全話をフルまとめ!

今回は辱(にく)断罪の上巻第10話の、
ネタバレや感想を書いてみました。
これから無料で全話をまとめていきます。

辱(にく)断罪は裏サンデーで連載中の解体漫画です。
性的にもグロテスクにも過激な描写の多い作品ですので、
そのような描写が苦手な方は避けた方がいいと思います。

最後には、辱(にく)断罪をフルで
お得に読む方法も書いてありますので、
そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


辱(にく)断罪〜上巻第10話〜「記憶」のネタバレ!

遠くを見つめ、
虚ろな表情の珠樹を抱く恭子が登場する。
「あの出来事から、掟を守る事の大切さを私は知った。」
‘あの出来事’とは一体何なのか…
恭子は遠い過去へ思いを馳せる。

村に三人の旅人が現れ、
そんな旅人を笑顔で招き入れる恭子と村人たち。
部屋へと旅人を案内し、自室で一息つく恭子。
思わずため息と共に「つかれたぁ。」と声が漏れる。

そんな恭子に、
「今回、責任者って何気に凄いんじゃない!?」
と、声を掛ける人物が。

「他の人より考えることが増える、損な役回りよ。」
と、目の前の少女 桔梗をたしなめるように言う恭子。
そんな恭子を覗き込むように近付く桔梗。

「さてはあんた不安なんでしょ。」
という桔梗の言葉を否定する恭子。

そんな恭子の反応にお構い無しで、
「あんた、昔から結構抱え込むタイプだもんねー。」
と、頭を撫でる桔梗。

「この桔梗お姉さんが後ろに控えてるんだから、
気負わないで、ドーンと構えてりゃいいのよ。」
と、続ける桔梗。

照れながらも、
「子供扱いはやめてよね…」
と、恭子は反論する。

場面は変わり、
血まみれで逃げる公平と凄惨な姿で死んでいる桔梗。
そんな光景を見て、
恭子は自分がまだやはり子供だったのだと痛感する。

裸で死んでいる桔梗のそばで、
喉をかき切られて死んでいる
桐生という女性も横たわっている。

そんな二人を見て、恭子は強く思う。
「私は理解していなかったのだ…掟を破る事の重大さを…。」と。
もう間違えない…掟を乱す者には相応の罰を…
もう二度と、あんな事を起こさない為にも…
恭子は決意を新たにする。

そんな決意を表すかのように、
虚ろな表情の珠樹の腕を切り落とす恭子。
薬で感覚を鈍らされているのか、
腕を切られても珠樹には反応がない。
電動ノコギリの無機質で暴力的な音だけが、
部屋を支配していた…。

場面は変わり、
薄暗い部屋で正座した恭子は正面の人間へ語り聞かせるように話す。
「私たちはこの村よりも、もっと安全な場所を求めます。
事は一刻を争います。お早めに対応を…。」
正面に、同じく正座をして話を聞いていたのは村の巡査だ。

申し訳なさそうに巡査は口を開く。
「わ、私の一存では…その…」
その先を遮るように恭子が話し出す。

「掟によると、何よりもこの村という構造を一番に考える、
と言われているわ。」という話を、
巡査が「ですが…。」と遮ろうとする言葉を無視して恭子は続ける。
「この前の事件以来…この村の状況は変わりつつあります。」
そう言い終えると、隣に置いている箱を開ける。

「今回は珠樹ちゃんに我慢してもらったけど…」
と、話す恭子の腕には、四肢のない珠樹の姿が。
冷たい目をした恭子は、
「桐生さん亡き今、ここの責任者は私です。」
と、言い放つ。

その雰囲気に気圧されたのか、
「分かりました…。」と、巡査は応えてしまう。

スポンサーリンク


火が放たれた村を見下ろす恭子。
「お堂以外の場所には、あらかた火はつけ終わりました。」
と、仲間の女性が報告する。

「処理が行える設備だけは残さないとね。
ここを使う機会は少なくなるでしょうけど。」
と、恭子は話す。

そんな恭子に仲間の女性は、
「ちょっと扱いに困っている物が…」と言いつつ、
道端に置いている箱へ目を向ける。

「中のアレ、村と一緒に焼いてしまっても良いと思うのですが…」
と、続ける女性。
それを遮るように、恭子は「だめよ。」と強く否定する。
その箱の中では、半死半生の男性がうめき声をあげている。

その男性を見下ろし、
「これは私たちが忘れてはいけない物。」
と、冷たく言い放つ。
そして激しく燃える村を眺めながら恭子は語る。

「私たちは残していかないと。
殺された者達が感じた苦しみや絶望。
この憎しみを忘れないためにも…」

第11話へ続く!
⇒ 辱(にく)断罪のネタバレ&感想〜上巻11話〜無料で全話をフルまとめ!

辱(にく)断罪〜上巻第10話〜「遭遇」の感想!

廃村で意識を投げ出し、
目を覚ました勝己の前に手足が無くなった珠樹が…。
この猟奇的な状況から勝己はどう活路を見出していくのか…。
という展開から始まった今回ですが、まさかの内容に…。

公平君…ですよね、半死半生の男性…。
いつからこの猟奇的な行為が行われているのか…
その犠牲になりそうな公平君が、逃げる際に村人を殺めた。
その事件があった為に、恭子は責任者として強く狂気に走っていく。

恭子を止める人物は現れるのか…。
真紀に続いて、巡査もグルであることがわかった
狂気の村が止まる事はあるのか…。

次の話で上巻は最後です。
最後の話くらいには、救いがあると良いですね…。
う〜ん…でも、救いがなさそうなストーリーですよね^ ^;

第11話へ続く!
⇒ 辱(にく)断罪のネタバレ&感想〜上巻11話〜無料で全話をフルまとめ!

辱(にく)断罪を全話お得に読む方法!

辱(にく)はまんが王国という電子書籍サイトで、
無料で立ち読み可能です。

エロくてグロイ作品なので、
ちょっと本屋では立ち読みしにくいし、
購入もためらう・・・という場合は、
電子書籍で立ち読みするのをお勧めします。

▼検索枠に『辱 断罪』と入力▼
まんが王国

まんが王国は、定番の人気作品から隠れた名作、
更にはちょっとHな恋愛ストーリーや禁断のボーイズラブ、
辱(にく)のようなグロ要素のある作品など、
スマホ最大級の電子コミックサイトです。

そういった漫画が好きな場合にはオススメですので、
チェックしてみてくださいね〜。

まんが王国はスマホ専用サイトですが、
PCでしか読めない場合は、BookLive!がお勧めです。

▼検索枠に『辱 断罪』と入力▼
BookLive!

こちらも無料試し読みができますので、
ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク